メリットを活かして信用取引で成功しよう!

信用取引のキモは短期売買にアリ!

株式投資は余裕資金があればあるほど有利であり、買った株が下がったとしても買い足せば平均取得単価を下げながら長期的に利益を得られるチャンスが増えます。
しかし、余裕資金のない方にとっては、長期的に株を保有しても効率は上がりませんし、信用取引における金利手数料も必要になりますので、あくまで短期勝負でトレードを行うことが大切なのです。
信用取引は、資金が少なくてもレバレッジ効果を使って最大限のパフォーマンスを発揮でき、金利手数料がなるべく発生しないように1週間程度の期間内にトレードを完了させると資金効率も良いでしょう。
短期勝負で効率を上げるには、損切りも早めの判断が必要ですし、塩漬けしてしまうことがないようにしましょう。

空売りで勝機を広げよう!

信用取引の醍醐味の一つは空売りの手法が使えることです。
空売りとは、まず証券会社から株を借り、株式市場で売却した時に現金を得ます。その時に得たお金を以って、借りた株を返済するための買い戻しを株式市場で行えば一連のトレードが完了します。はじめに借りた株を売った時の株価から、株を返済する時に市場で買い戻した株価が低ければ手元にお金が残るので、その金額が利益となるのです。
この空売りの手法を活用することによって、買いだけではなく、売りでも利益を得られることになりますので、より弾力的なトレードが可能になりますよ。
株価が上がることを予測するよりも、株価が下がることを予測する方が容易な場合もありますので、利益のチャンスが広がりますよね。