信用取引だからこその稼ぎ方!

株取引は空売りをしなければ儲からない

株取引における引用取引とは、レバレッジが3倍になるだけではなく、空売りができるという特典があります。空売りとは証券会社から株を借入、安くなれば買戻し証券会社に返却するといったものです。この行為を上手く利用しないと利益を出す事は困難になります。
株の本来の考え方は、応援したい会社の株を買い資金援助をするというものです。会社側はお礼に年に一回、配当金などの名目で株主にお礼をします。しかし、この本来のスタイルでは流動性が生まれないため、経済が活性化しません。そこで考えられたのが信用取引制度です。これはバイアンドホールドをする投資家向けではなく、短期売買を目的としたデイトレーダーやスイングトレーダーの為の精度です。短期売買を助長する事によって経済を潤わせる効果があり、実際に海外の投資家までもが参戦しています。

FXでは信用取引が無ければ個人投資家は何もできない

FXにおける信用取引はレバレッジが個人投資家で25倍になるという内容です。証拠金を担保に証券会社が、客の注文を代わりにインターバンクで取引をしてくれる仕組みです。FXの最低の取引金額は1万通貨になります。1ドル100円の」レートで考えると100万円です。その様な大金を扱えるのは金持ちか銀行ぐらいです。
そこで、FXでは少ない証拠金でも参戦できるように信用取引の場率を上げざるを得なくなったという背景があります。ハイレバレッジですので少し価格が動いただけでもかなりの大金を稼ぐ事がかのうです。逆に損失を生む事もありますので、逆行すればすぐに損切りをするといった規律の面も重要です。十分なリスク管理さえしておけば信用取引は恐くありません。