ポイントを押さえて信用取引で差をつけよう!

信用取引では売り戦略を絡めよう

株式投資の基本は安く買って高く売ると言いますが、信用取引の場合はそれに限ったことはありません。
信用取引では、信用売りのトレードを利用することで、株価が値下がりすると利益が得られる仕組みの売買が可能となっているのです。
株価は時に、会社の将来性が良く、期待感で膨らんだため高くなり過ぎた状態の株価になることも少なくありませんが、そうした銘柄の高値で売って、安く買い戻すという信用売りのトレードで利益を得ることも可能なのです。
うまくいけば業績の良い銘柄を信用買いで保有して、予想通りに値上がりした段階で売却し、今度は信用売りのポジションを保有して、株価が調整したタイミングでさらに利益を取るというトレードも狙えますよ。

長期保有はやめて短期勝負!

信用取引においての手数料は、現物取引よりも金利や貸し株などの手数料がさらに必要となり、ポジションを長期で保有していればその分手数料も割高になってきます。
したがって信用取引のトレード戦略としては、なるべく手数料が少なくなるように短期売買で何度も回転することが一つのポイントとなりますよ。
信用取引は、預ける資金を担保として、証券会社からお金を借りるという行為に該当しますので、借りたお金には金利が発生することは当然ですよね。なるべく金利手数料を取られずにトレードするには、短期売買で特にデイトレードとの相性が良いと言えるでしょう。
資金に余裕のあるトレーダーは、その日の内にトレードして決済することがおすすめですよ。